不動産の利回りってどのくらいならいいの?

不動産投資の利回りは物件購入費からの1年間の収益率をいいます。
利回りが高ければ収益が伸びるので高ければおっきいほどいいかと思いがちですが、そうではありません。利回りはあくまでも入居者がすべて埋まったときの数字であり、実際の数字はかけ離れてある。
満室を維持できる物件ならいいですが、空き室ができれば意味をなさない数字になります。
販売の際に満室になっていても、それを維持できる保証はありません。業者が物件を譲るために低い家賃としてむりやり満室としている場合もあります。
数字も大切ですが、そのエリアが人の固まる場所かどうか、賃貸ニーズがあるかどうか、周囲の環境などを調べておく必要があります。
数字だけでなく実際の周りの環境などすべてを加味して検討しましょう。

バイナリーオプションテクニカル分析